Untitled 学会会員に質問です 今の公明党を支持し

Untitled 学会会員に質問です 今の公明党を支持し

3月 07, 21
ystscng

no comments

Untitled 学会会員に質問です 今の公明党を支持し。バカは『これが公明党の実績だ』と勝ち誇る『民主党が公明党の政策を評価し、連立しようてした』て言い出すヤツまでいるからなティ越えてるかもなしがみついてはいないと思います。学会会員に質問です 今の公明党を支持しますか いよいよ、参議員選挙ですね
創価学会の皆さんは、「平和の党」「福祉の党」を掲げて結党した公明党を信じてきたと思います
しかし、今の公明党をどうみていますか

権力にしがみつく「黄色いカエル」になっていませんか

このままでは、学会は軽蔑の対象でしか有り得ません

しっかりと公明党の監視をしていただきたいのですが??? 公明党。新型コロナ禍による経済対策として。収入減世帯への条件付き万円給付という
自民党の方針が一転。「一律万円支給」へと大きく舵を切った。この背景には
。連立与党である公明党による総理や官邸への強烈な創価学会系企業。創価学会系企業 「先駆的なことを始めるには。最初から大風呂敷を広げるのでは
なく。試行 「創価マネー」の巨大経済圏 墓苑では進出先と軋轢も 購読者限定
内幕|創価学会; 墓地ビジネスの原点 購読者限定 宗門対立を象徴する「高尾墓

核禁条約。日に発効した核兵器禁止条約をめぐり。「平和の党」を掲げる公明党が。核
廃絶を推進する支持母体?創価学会との間でジレンマを抱えている。学会は条約
の批准を求めるが。政府方針に反することに与党として踏み…Untitled。議席を確保しただけにすぎないのであって。とても上げ潮に乗る公 明党の組織力
の敵ではなかった。 政党として。 年輪の若い公明党 には。未知数の不安もある
かわりに。他の四政党のごとき。経験主 義あるいはマンネリズムから生じた。公明党の素朴な疑問。公明党によく寄せられるご質問にお答えしています。 公明党のなりたちについて
公明党と創価学会の関係は?政教一致じゃないの?学会会員に質問です。いずれかを含む。学会会員に質問です 今の公明党を支持しますか いよいよ

創価学会。--いま。なぜこの悪質な組織の欺瞞性を問題にするか--創価学会
?公明党による言論出版妨害事件を風化させてはならない本文中の色文字?下線
?太線=兼ブログ主編<この日本をどうする>--言論出版妨害事件--創価公明党が強気。政策の決定や選挙の候補者擁立をめぐり。公明党は自民党との対立も辞さない
姿勢を示している。両党の関係に変化が生じつつあるのか。公明党代表の山口
那津男に迫った。 山田康博?五十嵐淳菅義偉政権で「スマホ選挙」に乗り出す公明党?創価学会の憂鬱。きょう開票される自民党総裁選で。新総裁として選出される見通しの菅義偉官房
長官。その権力基盤のひとつが。全国的な「集票マシーン」である公明党の支持
母体?創価学会だ。

バカは『これが公明党の実績だ』と勝ち誇る『民主党が公明党の政策を評価し、連立しようてした』て言い出すヤツまでいるからなティ越えてるかもなしがみついてはいないと思います。公明党の議員さんは真面目で誠実な人が多い印象です。庶民のためにとの気持ちがあるのです。公明党では、議員を先生とは呼びません。○○議員、○○さんと呼ぶ慣習、方針のようです。これは謙虚さを忘れないためにしているのです。創価学会では、公明党を監視をしていますし裏切り行為にはしっかりと反論をしたりもしているのです。ただ、連立政権である以上公明党の考える事がすべて通るわけではないのも事実です。創価学会員でも最終的にどこの政党に投票をするかは自由ですし、実際に今回の選挙でも創価学会員が公明党以外の政党から立候補したりもしてるようです。私は公明党を全て賛成ではないですが、支持しています。創価学会員です。公明党は、権力にしがみつくような事はしません。与党の舵取りは、公明党の役割で御座います。政治は、民衆の為にあります。政治家や政党の為に政治があるのではありません。公明党は、これまでに国民の為の数々の政策を実現させて来ました。『実現与党』とは、公明党の代名詞です。昔も今も変わりません!政治は基本、是々非々が原則です。駆け引きです。負けたら意味も失うのです。次に勝つまで辛酸を舐め、忍耐の日々です。私は日常の生活で実感しておりますから。若い時、青年の時代から、色んな課題で、市議会議員にはお世話に成って来ました。創価学会員同志のよしみはもちろんですが、前党首だった、太田昭宏さんは、創価学会青年部長を経験されました。地方、全国を回り、男女青年部の育成、激励に奔走されたのです。私が男子部の頃、我が市内を訪問し、激励の指導が有りました。その会合で、私は勇気を出して、太田青年部長に質問したのです。組織「男子部」の事でです。太田さんはじっくり、私の質問を聞き、問題の本質を鋭く見抜き、懇切?丁寧に指導して呉れたのです。その後、県の男子部長は「アナタの質問は良かったよ。俺なら、あの様には指導出来ない。アドバイス出来ないよ。太田さんは本当に器が大きい幹部だよね」と。その後、衆議院議員と成り、党首にも就任したのです。それと、私の近隣=地域?地区?町内には、自民党系の無所属の市会議員が2人、公明党1人、共産党1人の4人が居住して居るのですが、陳情や要望は聞いて呉れるが、返事は良いのだが実行しません。実際に、動き、色んな方面に手配し、働き掛け、実を結ぶ、実現するまで尽力して呉れるのは公明党の議員です。それぞれ、国会議員?県会議員?市町村の議員が居りますが、議員に成る以前は、創価学会では幹部「中堅」だったり、一緒に活動して来た同志、仲間、知り合いなのです。以前から知っているのです。世の中は人間関係で成り立っている以上、素性?気心の知れた議員と懇意に成るし、相談もしますよね。他党の議員では、何も知らないし、選挙の時だけ、ポスターや演説会、遊説カーでの選挙活動で見掛けるだけの事です。私の様に、信心歴、学会員歴が長く、議員とも旧知の仲ですから、公明党を支持し、応援し、懇意にするのは、至極?自然なのですよ。口先ばかりの演説、選挙の時だけの挨拶、=人間そのものを知りません。そんな候補者を支持など出来ません。支持しています。ただ「外国人参政権の付与」には大反対です。?。?;

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です