EXCEL ?Excelのデータの入力規則で特定の条件を

EXCEL ?Excelのデータの入力規則で特定の条件を

3月 06, 21
ystscng

no comments

EXCEL ?Excelのデータの入力規則で特定の条件を。I列に作業列を作ります。?Excelのデータの入力規則で、特定の条件を満たしたものだけが表示されるプルダウンリストを作成したい

図では以下の方法でプルダウンリストを作成しようとしています (Excel2016を使用)

①「同じ日付」列 ?? ? 同じ「発生日」の数をカウント
→ F3セル:=COUNTIF($A$3:A3,A3)

②「1個以上上行」列 ??? ①において、1より多い場合、「統合型」列の1つ上の行の値と","を結合
→ G3セル:=IF(F3>1,H2&",","")

③「統合型」列 ??? 「病名」と「1個以上上行」を結合
→ H3セル:=G3&B3

④「参考行」列 ??? 「初発時点、発生日」の値が「発生日」列の何行目にあるか調べ、「初発時点、発生日」の値が「発生日」列に何個あるかカウントし、これらの値を合計して1引いた
→ I3セル:=MATCH(C3,$A$3:$A$10,0)+COUNTIF($A$3:A3,C3) 1

⑤「病名」列 ??? データの入力規則で入力値の種類を「リスト」にし、元の値を以下のようにする
→ D3セルのデータの入力規則:=OFFSET($H$2,I3,0)

「統合型」列で羅列したものをそれぞれ1つのセルに入力して範囲を取れば図のコメントの条件通りのものを作成できると思いますが、プルダウンリストの中身が何個になるか分からないので、その方法を取りたくありません
できればマクロを使わない方法でやりたいのですが、この条件でどうにもならなさそうなら、マクロ有でも問題ないです

上記の条件でプルダウンリストを作成できる方、ご教示して頂ければ幸いです
なお、この質問を解決するにあたって足りないことがあれば補足します 入力規則の使い方:Excel基本講座。エクセルでの入力規則リストの設定方法を解説。キーボードでの
エクセルへの入力は良く間違うものです。エクセルではセルを選択なお。単に
コピー→貼付けだとコピー元と同じ設定になり。入力規則も消えてしまいます。
計算式を入力条件を満たさない値を入力するとメッセージが表示され。条件を
満たした値を入力するように促します。 これではセル範囲を選択して。[
データ]タブの[データの入力規則]を選択して。データの入力規則ダイアログを
表示します。

DGET関数で条件を満たすデータを探す。データベース, 検索の範囲を。項目の見出しも含めて指定します。 フィールド, 値
を取り出したい項目を指定します。 条件, 検索条件が入力された範囲を指定し
ます。 使用例氏名が「小池」で始まる人の成績を検索するエクセルのプルダウンリストで選択すると同時に色を変える。エクセルで。 ドロップダウンリストで特定の項目を選択した場合に。 背景色や
文字色を変える場合には。 「データの入力規則」だけではできません。
プルダウンリストデータの入力規則」だけではできません。条件を満たした
場合今回だと。列が「入金済」となった場合の書式を設定します。エクセル入力規則を理解して作業をより効率的に。エクセルで数式を用いるとセルに…任意のセルに対して入力規則を設定して
おくと。そのセルには設定した条件に当てはまる数値以外入力できません。条件
に合わない数値が入力された場合。小数点の位の指定や文字数の指定など。
作業に応じたルールも指定できます。入力時にその状態で。上部の「データ」
メニューから「データの入力規則」を選択してください。 「データの

ドロップダウンリスト以外の入力を可能にしたい入力規則:Excel。このページではリストから選択するだけではなく。ドロップダウンリストに入力
したものも入力できるようにします。 つまり。リストにを押しました。 「
この値は。このセルに定義されているデータ入力規則の制限を満たしていません
。EXCEL。データの入力規則 複数の人に配布して。データを入力してもらい。集計する。
を使ってする業務にはそんな場面も沢山あります。でも。返って来た
ファイルを開けてみて愕然。みんな好き放題入れやがってエクセル。半角」「数値」「特定の文字列」「特定の値」「セルの範囲に存在する値」など
好きなように規則を作成できます。[データ] タブをクリックし。データツール
グループにある [データの入力規則] をクリックします。 比較演算子を使用
すると条件を満たしているときは そうでないときは になります。

データの入力規則「ユーザー設定」で数式を条件指定に使う。入力を確定した時点で「この値は。このセルに定義されているデータ入力規則の
制限を満たしていません。」というエラーメッセージが表示されれば設定が
うまくいったということです。 規定のエラーメッセージが表示される特定の条件を満たすセルを検索して選択する。て選択します。 また。[ジャンプ] を使用して。データまたは書式を含むワーク
シートの最後のセルなど。特定の条件を満たしているセルのみを検索します。
のリボンのイメージ キーボード現在選択されているセルと同じデータの
入力規則が設定されているセルを検索するには。[ 同じ ] をクリックします。

ドロップダウンリストとINDIRECT関数を組み合わせた活用。地方入力範囲を選択し。データタブのデータの入力規則をクリックする。 入力値
の関数は。参照文字列によって指定されるセルに入力されている文字列を介し
て。間接的にセルを指定する。の検索/行列関数関数です。

I列に作業列を作ります。I1に=INDIRECTCELLADDRESSI2に=IFERRORINDEXB:B,1/LARGEINDEX$A$3:$B$999=$I$1/ROW$3:$999,,ROWA1,下にオートフィル。D3に入力規制で元の値を=$I$2:$I$9とします。下にオートフィル。画像ではC13に7/1と入力した場合D13に画像のようなリストになりますがD列全て同じリストになります。もしD5を修正する場合はC5を再入力するかC5選択後ファンクションキーF9または再計算させて下さい。貴方が作成した「計算用」という列の内容を変更してもいいですか?それから病名は最大何個ありますか?この件数によっては作業列が多くなるので、マクロの方が適切かもしれませんので、件数を教えて下さい。やりたい事と やられた事が ごっちゃになってよくわかりません。とりあえず わかったことだけ 書きます。同じ日に発生して病名だけをリストアップ それを プルダウンリストにしたいこれだけなら添付参照C3に =A3-COUNTIFA$3:A3,A3 以下オートフィルこれで 日付毎に 連番が付きます。E2に 指定の日付けE3に =IFERRORINDEXB:B,MATCHE$2-ROWA1,C:C,0,以下オートフィルこれで E4以降に 指定の日付けで 発生した病名が 並びます。このE3~E10程度を リスト範囲に指定しておけばE2に 指定した日付の病名が プルダウンできます。

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です