60歳以上は年金の納め得で 老後年金2000万円不足問題

60歳以上は年金の納め得で 老後年金2000万円不足問題

3月 06, 21
ystscng

no comments

60歳以上は年金の納め得で 老後年金2000万円不足問題。支給開始を80歳にすれば世だけです。老後年金2000万円不足問題って、若者の年金保険料を1ヶ月あたり5万円上げれば解決できるのですよね 「嘘。年。老後万円問題が大きくメディアに取り上げられ。将来について不安
に感じた人も多かったのではないでしょうか?また。それをきっかけに。年金
だけでは足りない部分をどうやって貯めていったらよいか検討し。貯蓄や投資を
ですが。昨今の寿命の伸びや。年金財政の困窮。若者の年金離れなどもあり。
支給開始年齢が歳や。最近ですが。実際は。ヶ月に回の支給となり。更に
健康保険を継続している人が殆どでしょうから。その健康保険料を60歳以上は年金の「納め得」で。公的年金制度が開始された頃。多くの人はそう信じて毎月の保険料を納め。老後
に備え始めました。代でも軒並み~万円前後のマイナスとなって
おり。現代の働き盛りの世代が大きな負担を強いられているかがよくわかります
。このマクロ経済スライドが実施されると。現状のような「若年層が減少して
年金保険料収入が減り。受給者が増加こうして年金をはじめとした社会保障費
の問題を見ていくと。現役世代の負担増や年金保険料の増額はもはや

第1回『「老後2000万円不足」のウソ。備え方」。第1回目は。年に話題となった老後万円問題について。
本当のところをズバリ語っていただきました。第1号被保険者は主に自営業者
などの国民年金加入者で。毎月定額の保険料を自分で納めます。「老後2000万円」問題をカブコムが考えてみた。昨今。話題となっている「老後万円」問題ですが。注目されているのは。
万円を年金とは別に自分で準備し実際。我々国民は老後資金のために年金
保険料を払ってきたわけなのですが。年金では足りないということで。1.
金融庁の報告書から考えてみた 「夫歳以上。妻歳以上の夫婦のみの無職の
世帯」では毎月の不足額の平均は仮に年間で万円の資産を保有するに
は。万円÷年÷ヶ月=約万円 よって毎月約万円の元本を

国民年金。国民年金の平均は約万円。厚生年金+国民年金だと万円ですが。年代?年収
?職業によって受給額は異なります。国民年金では「満額」支給される。
ということがよく言われますが。では厚生年金にも満額ってあるんでしょうか?
国民年金保険料 月額 令和年度。円平成年月発表 令和年度。
円令和年月発表このデータが例の老後万円不足問題の根拠と
なったデータです。, 次に。単身世帯の年金の受給額を見ていきます。「老後資金2,000万円問題」の裏に隠された。このフレーズをここカ月の間に何回見聞きしたかわかりません。なかには。
「金融庁。老後資金は,万円不足」などといった。誤解を招くような表現を
散りばめた。明らかに報告書の大学卒業。新卒採用。結婚?出産。住宅購入。
定年まで一つの会社に勤め上げ。退職後は退職金と年金で収入を今さら聞け
ない「」ってなに?わらしべ長者は。若者が一本のわらを色々なものに
変え。最後にはお金持ちとなり幸せに暮らしたという。日本昔話です。

年金デモに若者たちを駆り立てたもの?2000万円貯めて。公的年金だけでは老後のお金は平均で万円不足する?—— 。金融庁の出て
くる。それをどうにかするのが政府の責任なのに。『万円貯めてね。
ヨロシク』って丸投げするのは問題に向かう姿勢として。ないと思う??老後資金?不足は2000万円なんてもんじゃない。日本を騒然とさせている「老後資金不足」問題だが。そもそも「年金+万円
」で老後は安泰なのだろうえで大切な指標がつある。つ目は出生率で。
高まれば将来の労働力であり。かつ年金保険料の納付者の母数が「嘘。私自身は忘れもしない 年月『老後万円不足 問題』が大きくメディア
に取り上げられ。将来について不安に第1号被保険者は主に自営業者などの
国民年金加入者で。毎月定額の保険料を自分で納めます。ですが。昨今の寿命
の伸びや。年金財政の困窮。若者の年金離れなどもあり。支給開始年齢が歳や
。最近では歳からですが。実際は。ヶ月に回の支給となり。更に健康保険
を継続している人が殆どでしょうから。その健康保険料を差し引かれ

支給開始を80歳にすれば世だけです。物価マクロスライドってのはこの事です。●偏向報道が経済危機を招く月刊正論2019年8月号 上武大学教授?田中秀臣■印象操作が招いた”悪夢”安倍政権を「悪魔」扱いするだけでなく、もう1つ目立つメディアの報道姿勢がある。「曖昧さへの不寛容」というものだ。「曖昧さへの不寛容」とは、ニュースがもたらす「疑問」「問題」よりも、単純明快な「解答」をニュースの視聴者が求める点に注目する。証拠と矛盾していても、また複雑な問題であっても、単純明快な「答え」が好まれる。ニュースの消費者の多くは、科学的な方法を学ぶことにメリットを見いだしていない。つまり学ぶことのコストの方が便益よりも大きいと感じているのだ。そのためニュースの消費は、好き嫌いで判断しやすい感情的なものが中核を占める。中略この「曖昧さへの不寛容」と「悪魔理論」をメディアが同時に使うと、強力な政権批判にもなってしまう。もちろん事実や論理が伴う政権批判は正しい。だが、この「曖昧さへの不寛容」も「悪魔理論」も共に適切なニュースの伝え方とは言えない。印象報道によって国民が煽られることで、真っ当な判断をすることができなくなってしまう。その”悪夢”のような顛末が、民主党政権の時に見られた「1度はやらしてみよう」という感情論であった。当時はこの感情論の火付けの役割を、いわゆる「消えた年金」問題が果たした。■過ちを繰り返さぬよう現時点で、その”悪夢”の再現を狙うかのようなメディアの報道が過熱している。今度もまた年金関係だ。金融庁の委員会が作成した、人生100年時代を視野に入れた資産運用を促す報告書だった。この報告書の事例で引用した家計の平均的な収入と支出を算出して、金融資産の変化を推計している。ワイドショーなどでは好んで、この推計から「年金不安」を煽っている。金融庁の推計では、男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦では、年金収入に頼ると、毎月5.5万円の赤字が出るという。そのため20年生きると1300万円が不足し、夫婦が共に90歳代になる30年だと2000万円が不足するとした。そもそもこんな調査対象となった家計の平均収入と平均支出を比較して、それで赤字を算出した金融庁の統計センスを疑う。当たり前だが、家計によって所有している資産は大きく異なる。既に働くのを辞めた人達でも、その保有する資産には大きなバラツキが存在している。資産が大きければ、それに伴って支出も大きくなるだろう。株などの金融資産を豊富に持っていて、そこからのリターンが大きければ、それによって買うものも多額になる。平均で考えてしまうと、このような富裕層が支出の平均値を大きく引き上げてしまうだろう。他方で、年金だけの収入となると平均値はかなり低く算出されるだろう。この歪んだ平均値を比べて、それで「赤字」「黒字」と言っても何の意義も見いだせない。おそらく金融庁はこの報告書を利用して現役時代からの資産運用をアピールしたかったのだろう。まるで下手くそな証券会社の営業宣伝もどきが、今回の問題を生んでしまった。しかし事はその程度の話で、ワイドショーなどが喧伝している「年金不安」とは全く関係ないことは以上から自明である。だがテレビのワイドショーの解説や、一部の新聞の取り上げ方では、これを安倍政権が年金制度を破綻させた「悪魔」に仕立て、そして「平均値」の誤用など難しい話は一切省略して、単に「2000万円の赤字」として「曖昧さへの不寛容」を展開している。テレビのニュース番組では、立憲民主党の辻元清美国対委員長の「かつて”消えた年金”がありましたけど、今度は消えた年金ならぬ”消された報告書”だ」という発信を映し出してもいた。もちろん金融庁の報告書は公文書なので消えるわけはない。だが、野党もメディアもそんな注釈をつけることはしない。本当に「年金不安」が課題であるならば、日本経済を安定化させることが年金財政の健全化にも貢献するだろう。だが、「消えた年金」問題に煽られ、やがて政策重視ではなく、感情重視で民主党政権を誕生させたことで、日本経済は大きく不安定化した。経済だけではなく、日本そのものが危機に直面した。その失敗をまた偏向報道に煽られることで、繰り返してはいけない。2000万円つくるには、1月5万ずつ貯金して、ボーナスで30万ずつ2回貯金して、1年間で120万円貯まります。これを20年間続けたら2400万円貯まります。 簡単なこと!ボーナスに頼った生活をしなかったらいいし。自助努力で解決する問題だと思います。65歳から、何もしないで月22万円って、大きな金額だと思いますけど。私は64歳になるけど、40年前にはこどもと同居前提で年金があると思っていましたから、充分な金額だと思います。それより、若い人たちの給料を上げる政策を実行するのが急務だと思います。私は、リーマンショックでの解雇組みですから退職金もありませんが、70歳までは働いて、老齢基礎年金を70歳で貰って夫婦合わせて30万円まで持っていこうと考えています。私も社会保険料を払っていますが、これ以上の負担は厳しいと思います。月5万の負担とは年収で700万くらい。平均所得が550万程度なので、多くの世帯ではそんなに高い保険料は払っていないはず。現行の2倍では利かないので、そんなの払える人は少ないでしょうね。今の低賃金なら、公務員か大企業様の社員以外は、労働者は働かねーよ。年金は、子どもや孫から強制的に仕送りさせる制度です。確かに巻き上げる金額を上げることは一つの解決策だね。とはいえ「年金だけで生活できる」なんて信じてる人いるんかぁ…そもそも95才まで生きられると思ってるのもおめでたい。口減らしのために棄老する時代がまた来るのかも。1カ月あたり、2万円の預金を40年間の約1000万円で解決出来ます。65歳以降に、夫婦の基礎年金月額12万円程度を5年間繰り下げ受給します。70歳まで5年間は、預金の約1000万円を取り崩しながら生活します。70歳からの基礎年金は5年繰下げで月額17万円になり、毎月不足の5万円が賄えます。人口比が違うのでは?てか、2000万貯めればイイだけ。自分は年金なんかアテにしてないしキョーミもないけど笑。保険料を1ヶ月あたり5万円上げれば、、、上げても受給額が5万上がることは無いです5万円は強制的に貯金すべきでしょうそう言っちゃ「若者」から「バカ者」て言われそうですね。少子高齢化なんか、ずっとずっと前から分かっていたこと。年金が自分で納めた分を貰えるようにしていたのなら、何の問題もなかったのですが、納めた先から国が勝手に使いこんじゃった。バクチみたいな投資や、とんでもない箱モノや遊興施設を建てて赤字のたれ流し。おまけに「消えた年金」や「社保職員のネコババ」まであったら、いくら団塊の世代が「24時間働けますか?」と言って死ぬほど働いて払った巨額の年金も、たちまち底をついてくるのは当り前です。「いつまでもあると思うな親とカネ」=いつまでもあると思うな親と年金年金を払わない若者が増えるのも当然でしょう。今からでも遅くない、若者には自分たちが納めたものが利子を産んで支給されるシステムに変更すべきです。少子化対策は、夫婦単位で2人以上の子供には手厚い補助を、夫婦にも減税措置を。子供が欲しいのにできない人に対しても、医学の研究に投資して対策を講じ、LGBTの人たちの結婚も認めて、里親システムにも優遇措置を。こうして充実した家族生活を可能にしていったら、荒んだ人々の心にもゆとりができ、喜んで納税するようにもなるし、年金も進んで払うようになるんですよ。「私は年金貰っているかどうか自分では知りません」などという財務大臣では、国民目線の政策なんか期待する方が無理ですよ。公務員には年金は必要ないと思います。簡単には首にならないし、会社が倒産する危険もありません。定年を迎えたら莫大な退職金が保障されているのですから。問題ではそもそもない。現状制度で「普通に暮らしていく」分に不足はない。「人より余計に贅沢したい人はあらかじめ貯めておけ」というだけの話。っていうか「人より贅沢したい分」まで年金制度で賄えって、無茶にも程がある要望だろうと思うんだが。高齢者を責めたらいいのか、マスコミか、それともそう噛み付いている野党か?何で年金とは関係の無い金融庁が発表したと思いますか?この発表で得をした人たちがいます???いったい誰でしょうか?生保や信託銀行は20年前から 2000万円足りない 3000万円足りないと何度も何度も発表していますが あんまり世間では話題になりません。何故 生保や信託銀行はそんな発表を繰り返すのでしょう?今回の発表で 生保の商品や信託銀行の商品の問い合わせは5倍に増えたそうです。株価まで上昇しています。そして 金融庁の面々が退官後にお世話になる業界とは この業界です。天下りします。政治家に怒鳴られ 横を向いて舌を出す????霞が関の住人の習性です。データーをよく見れば 6万円弱の家賃を30年間支払う事になっていてそれが2000万円を超えます????この分たりないとなっています。しかし 日本の老人予備軍 50歳代の持ち家率は90%を超えます。90%以上の人たちは年金で生活できますと発表しているのと同じです。しかし世間は騒ぎます。良く解らない その他5.5万円と言う出費も有ります。毎月毎月5万円とは何でしょうね? 遊興費はカウントされているのに何ですかね??爺ちゃん婆ちゃんが毎月決まって使わなければならない5万円はなんでしょう。結局 この中は2000万足りないと言う結論ありきで作成された 生保や信託銀行が発表してきたものと何も変わりが有りません。そして 50歳代の平均貯蓄は2500万を超えます。中央値でも1800万です。それに退職金が加われば 中央値でも2500万は超えるでしょう。貯金と貯蓄は違います。貯金が足りないとは誰も言っていません。モデルケースの話をするなら、年金を20万もらって、支出25万の生活をしてるから不足するだけであって、支出を20万以内に抑えれば全く問題ありません。こんな圧倒的に優遇されたモデルケースを持ち出しては意味が無いです。夫婦で20万だから、単身者なら単純にその半分になりますしね。厚生年金受給者の夫婦で「年金が20万」家計調査を元にしたら「毎月の支出が25万」で5万円赤字平均寿命が95歳なので「毎月25万使いながら30年ほどで2000万足りない」って話ですよ?まず、年金だけで20万しか収入がないとするとどうやって毎月25万使うんですかこの時点で金融庁が出してきた説明がめちゃくちゃなの分かりませんかねマスコミ野党のせいで、「2000万足りない」って言う言葉だけが独り歩きしてる国会前で年金返せとかいうデモをしたのもいるみたいだけど馬鹿丸出し「25万使う」というのはそれ以上のお金を持ってるのが前提になる20万しか収入がなければ20万以下の生活しますよね?誰だって国は95歳まで厚生年金まで満たした人は月20万、国民年金しかない人はもっと低い 月7万ですよ100年はこれで年金制度が崩壊しないように守るってのが100年安心の意味だし少子高齢化でここが限界ですこれ以上期待しても無理なんだから裕福な老後を過ごしたければ、自助努力で貯金しておくなり、投資勉強して資産を形成しておいてねって話でしかありませんだから政府は定年を延ばすとか、70歳を過ぎても働いて収入を得ることもできるように働き方改革とか取り組んでるんですできませんよ!これから、もっともっと議員の毎日の、高級割烹や、飲み代に消えていくでしょうな若者はどうやって生活するのよ???地方なんか正社員でも月給13~14万、手取り10万以下とかあるんよ。定年後夫婦でそれぞれ100万ずつ稼げば10年で2000万です。年金不足とは違います。毎月5万円を取り崩しながらの贅沢な生活を止めればよいのです。

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です