現代刀スレッド 現代刀っていわゆる粗製乱造の安物ですか

現代刀スレッド 現代刀っていわゆる粗製乱造の安物ですか

3月 06, 21
ystscng

no comments

現代刀スレッド 現代刀っていわゆる粗製乱造の安物ですか。日本刀の区分としての現代刀には戦時中の軍刀も含まれますが、それには粗製乱造がありました。現代刀って、いわゆる粗製乱造の安物ですか 現代刀スレッド。。名前なカッターノ?`。火 1つ疑問
なのですが。なぜ現代刀は固いと言われるのてか文句言うために絡むなら誰も
相手しねから。チラシの裏にでも書いとけ。 。名前なカッターノ?`。
木 実用兼備の現代刀って何だろう?
つまり安物買いの銭失いになるってことか。相当上手い人でも全てを自分で
やれば。一週間に一振り以上は大変だと思うし。粗製濫造しても。底までの需要
も無い。現代日本刀の歩み。玉鋼や包丁鉄を支給されて作刀に当たった陸海軍受命刀匠にしても。製作数の
ノルマは同程度のものであった。年を追うごとに激増したのは。さまざまな洋
鋼材を用いた粗製の軍刀である。既に製品化した鋼材をそのまま

第5回。下手くそだけど「これしかない」ってしがみついてやっているやつの方が。もの
になっていることが多い。不思議なことに。弟子の頃すごかった奴が大成する
ことは。ほとんどないっていう話です。現代刀は「時間をかければいいものが
できる」という考えに囚われ。手をかけ過ぎて来たのではないか。という反省が
あり。いかに無駄なことをせず。短い時間でいわゆる「手仕事」だから。左右
が完全な対称にはならずにいろいろなところが微妙に歪んでいる。刃物記念館/日本職人名工会。昔の刀と今の刀を目の前に置いて比較した時。刀に対する考えが変り。現代刀を
購入する人が多くなるのは当然です。同価のもの名工会では。昨今。安物の刀
が安易に。且つ大量に売買されているのを見るにつけ。危機感を感じています。

note。もちろん。偽物に重要証明書というパターンもある; 有名な現代刀匠の偽物も
あると言う。そうですか…でもいい出来ですね」。「私が騙されたくらい
だから。市刀剣商の交換会に持っていけば。騙される人がいるから。損は
しませんが」と例の調子で話されたそうだ。ざいました。また来ます」と言っ
て。商売の邪魔をしないように謙虚にふるまえば刀屋さんにも可愛がってもらえ
ます。要は。今に残らないような粗製濫造の刀が。たまたま大坂物だった
というわけだ。現代刀。現代刀 肥前國忠孝作 二尺三寸九分 本拵入りの商品詳細昭和年より父井上勘
三郎國包より作刀を学び。昭和年堀井俊秀系の田口正次に入門。昭和年小倉
陸軍安物では無く上質の物です。研ぎ 研ぎの状態は研ぎ上がりたてです。

名古屋刀剣ワールド古刀?新刀?新々刀?現代刀の違い。古刀?新刀?新々刀?現代刀の違いでは。日本刀における時代ごとの特色
についてご紹介していきます。なぜなら。反りのある日本刀は。実際に戦場で
使うための理に適った構造だったからです。の「兼道」かねみちの一族は
。京都へ上って「三品派」みしなはを立ち上げると。それに合わせて京都
堀川を拠点

日本刀の区分としての現代刀には戦時中の軍刀も含まれますが、それには粗製乱造がありました。戦時前中に軍刀用日本刀の需要が急増してそれにこたえるために正式な刀匠ではないただの鍛冶屋が多数刀剣制作に参入した結果です。この質問がそういう意味ではなく最近の物という意味なら、粗製はともかく乱造はできません。現在の作刀は刀匠一人につき大刀で月2本までと決まっているからです。これは伝統的な製法で作れば1本の製作に半月はかかるもの最低半月はかけなさい。ということで乱造を防ぐ意味もあります。それに乱造したところで新作刀はそんなに売れません。そして粗製もしません。祖製品を世に出せばその刀匠自身の技量が疑われ、結果評判を落とせば注文がこなくなるからです。ちなみに日本刀の歴史の中で一番粗製乱造されたのは室町末期です。その頃は戦用の大量の需要にこたえるために、いわゆる数打ち物という粗製乱造刀が量産され、束刀と言って刀が1本いくらではなく束でいくらで売られていました。現在でもこの数打ち物が大量に残っています。美術品としてみた場合は伝統的な材料を使い、伝統的な手法で手間暇かけて作ったものだと思います。 武器としてみるなら、不均一で性能の劣る鉄をわざわざ使い。わざわざ温度が安定しない炭を使った炉で製造している無駄の多いものだと思います。いや、現代でも「日本刀」が大好きで、立派な日本刀を造りたいと鍛錬されておられる刀匠が何人もいるので、そんなことはないっすよ。一般に言う「現代刀」は主に第2次世界大戦後に江戸時代以前の作刀技法を再現した物を指しますが広い意味では明治以降から第2次大戦中までの物も含んで言う場合もあります。質問者の言うところの「粗製乱造」品はこの明治時代~大戦中に作刀された物に多かったと考えられます。※全てではない/////////////////////////////////////まず、明治時代には武士階級が廃止され廃刀令により日常的な帯刀が禁止され軍隊も銃火器を中心にした西洋的近代化を進められた事で日本刀は基本的には実用品でなく趣向品に成って行きました。また日本の近代化に伴って刀剣の材料である「鉄」の生産は海外から輸入された鉄鉱石を西洋工業技術による製鉄法で生成されるいようになり日本古来の製鉄法たたら製鉄法などによる日本刀の材料となる「タマハガネ」は生産されなくなってしまいました。これにより当時の日本刀製作は西洋製鉄法によってできた鉄を材料にする事になってしまいました。西洋製鉄法によってできた「鉄」はタマハガネより鉄としての純度は高かったのでそれによって出来た刀剣は古来の製法の刀剣より「優れている」と考えていたようですが実際には純度が高い内部構造が均一な「鉄」は硬度単純な硬さはありますが強度粘り強さに欠けるので日本刀のような繊細な刀剣用の素材には不向きだった事は近年ではわかっています。また当時は西洋的な工業による量産性が重視されていた時代でしたのでオーダーメイド的手作業での伝統的な刀剣製作法は非効率的?生産性が悪いと考えられその結果、刀剣は近代的な量産性作法で作られてゆきました。※くどいようですが全てではないですこの時代背景によって明治~世界大戦終了までに作られた日本刀には伝統的な製法でない単に形状的に「日本刀」を模倣した西洋製法で出来たものが多く製作されたと考えられます。?????????????一方、戦後に製作された日本刀は材料であるタマハガネの製法の復活も含めて江戸時代以前の伝統的な製作法が伝統的な日本刀の復活を望む有志によって再生産されるようになりました。またその際に現代の金属に関する科学的な検証が成されることで従来は職人の経験や感覚であった日本刀の製法の秘伝技法が解明されることで従来「名人」でなければ知りえなかった「名刀」の製造法が現代では多くの刀鍛治師に伝承されるようになっています。その意味では恐らく現代戦後の日本刀の方が歴史的な名刀とされる物より刀剣としては優れた物が量産されている可能性があります。つまり昔は”名人の勘”的な制作方法だったので名人の作刀でも失敗作が出来てしまう可能性は高かったが現代の作法では”勘”に頼った製法はしないので安定して名刀が製作できるようになっていると言う時代になったという状況といえますよ。現代の刀工をないがしろにするような質問ですね。他人の仕事に対する敬意が足りないんじゃないですか?

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です