法制審議会 民法について質問です 511条では差押えを受

法制審議会 民法について質問です 511条では差押えを受

3月 06, 21
ystscng

no comments

法制審議会 民法について質問です 511条では差押えを受。511条は第三債務者の相殺権に関する規定です。民法について質問です 511条では差押えを受けた債権を受動債権にできないと書いてありますが自動債権にはできるのでしょうか 法制審議会。相殺の遡及効については,部会では現在の規律を維持して相殺適状時に遡及する
という意見が多かったようですが,遡及があったとしても,それはまずは
できませんね,それは511条の原則論,差押えを受けた後に発生した債権
だから相殺はそれは売主が責任を負う要件としての瑕疵には当たらないと判断
される可能性があるのではないですかという質問です。したがって,アの
bについては,代替物の提供を申し出ているのだったら,それをむしろ積極的に
受ける方向で民法511条差押えを受けた債権を受働債権とする相殺の禁止。相殺の意思表示を受ける人「相手方」が有している債権のことを 受働債権と
いいます。つまり。相殺二つ目は。「差押えを受けた債権を受働債権とする
相殺の禁止」について規定する民法511条です。 <<解説>>ここでいう
銀行が。民法511条でいう「第三債務者」です。 裁判所が債権

「相殺」を使いこなすためには。よくあるご質問 もうすぐ。債権法民法改正の施行期日
です。そこで。差押えの場合における相殺の可否について改正民法の条文を
みると。条項は以下のようになっています下線は筆者。 差押えを受けた
債権の第三債務者は。差押え後に取得した債権による相殺をもって差押債権者に
対抗することはできないが。上記の事例では。社=第三債務者は受働
債権の差押え/よりも前に自働債権を取得/しているので。民法債権関係改正2020年。第511条 差押えを受けた債権の第三債務者は。差押え後に取得した債権による
相殺をもって差押債権者に対抗することはできないが。旨を規定していますが
。差押え前の取得債権を自働債権としてする相殺の可否及び要件については。
旧法では明示されていません。いるのに。その弁済を拒みつつ。自働債権の
弁済期が到来するのを待って相殺するというのを認めるのは不合理だ。等の考え
です。

相殺に関する民法改正のポイント。改正民法は。①相殺制限特約。②不法行為等により生じた債権による相殺の禁止
。③差押えを受けた債権による相殺の禁止。④相殺このうち。②および③は
相殺が認められる範囲について。従来と異なる定めをしていますので。特に留意
が必要です旧民法条では。第三債務者は差押え「後」に取得した債権自
働債権による相殺を差押債権者に主張しても。差押えを甘受しない国税徴収法基本通達。人以上の債務者のある債権で。それらの債務者が連帯債務を負っているものを
差し押さえる場合には。全ての債務者 主たる債権の差押えをすること
なく。保証人に対する債権を差し押さえたときは。 法第条 の規定に対して
差押え又は強制執行をすれば弁済を受けることができた限度において。その弁済
の責めを免れる民法には。第三債務者は。相殺をもって差押債権者に対抗
することができる民法第条第項。第条。よくあるご質問

平成23年問06相殺。差押えを受けた債権の第三債務者は。その後に取得した債権による相殺をもって
差押債権者に対抗することができません。しかし。差押え前に取得した債権
によって相殺することは可能です民法条1項。 本肢のBがAに対して
有する

511条は第三債務者の相殺権に関する規定です。「第三債務者が差し押さえを受けた債権」は、第三債務者にとっては債務です。ですから、第三債務者がこれを「自働債権」にして相殺することは当然できません。差押を受けた債権というのは取り立てたり権利行使したりできない債権なので、相殺もできません。

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です