弁護士が回答酒 未成年による酒類タバコの購入についてです

弁護士が回答酒 未成年による酒類タバコの購入についてです

3月 06, 21
ystscng

no comments

弁護士が回答酒 未成年による酒類タバコの購入についてです。クレジットカードには商品区分コードという分類があり、カード会社は店から伝えられます。未成年による酒類、タバコの購入についてです ふと思ったのですが 未成年名義のクレジットカードでその未成年が酒類、タバコを購入すると、クレジット会社にその購入情報が残りますよね その情報を元にクレジット会社側が告発し、酒類、タバコを売ったお店、またはその少年に罪が問われるみたいなケースって現実的にありえるんでしょうか お世話になっている先輩に差し入れを持っていこうとクレジットでの購入を考えているんですが、どうなんでしょうか 詳しい方に回答お願いします 弁護士が回答「酒。未成年者に酒やタバコを「あげる」のは違法ではないのでしょうか?しかし
その場合。店を通報したとしても未成年に関わらず無理矢理ですが飲酒して
しまった自分に責任があるのでしょうか。未成年者飲酒禁止法について
コンビニでアルバイトをしている者なのですが。警察から未成年者にお酒を売っ
たとして氏名?口約束による未成年者への酒等の販売 最近。コンビニで
バイトをしている友達から聞いてふと思ったことがあるのですが。仮に未成年が
酒を購入してその

第13回。基本的にこのレジュメに沿って。この項目について御説明をさせていただければ
と思っております。 少年による飲酒に対する警察庁としての基本的な認識
につきましては。未成年者の飲酒というのは。重大な非行の前兆ともなり得る
恐縮ですけれども。パンフレットのページを見ていただければと思うんですが。
「少年非行の情勢」でございます。私たちがまだ青少年というか少年のころは
。酒にしろたばこにしろ。やばいもので。大人に隠れてやっているといったよう
なことが未成年はたばこの「購入?所持?喫煙」のどれからがダメなんで。「年齢確認をせず酒を販売した」ということが処罰の対象となるのです。店側に
も責任はあります。そのために酒類の販売については店に資格を持った者を置く
ことが法律に定められ

クレジットカードには商品区分コードという分類があり、カード会社は店から伝えられます。検索するとどこからかのコピペしか出てこなくて確かな情報源を見つけられませんでしたが、「酒?たばこ」というコードがあるようです。なぜか知恵袋のクレジットカードカテゴリでは商品区分コードについての回答が少ないのですが、街でクレジットカードを使った時に受け取る明細に書かれていることがあります。手元の明細を見てみると、検索して出てきたコードと商品区分が一致しているので、おおむね正しいと思います。店が正しいコードをカード会社に伝えているか、カード会社がどう判断しているのかという疑問はありますが、未成年者が酒?たばこを買ったことをカード会社が把握できる可能性はあるのです。現実問題として告発云々の可能性は低いでしょうが、商品区分コードについて知っている回答者が少ないことが非常に残念です。カード会社の利用明細は、店舗名が載るだけで商品名までは載りませんよ。「XX店 セブンスター」なんて載らない。さすがに「XX酒店」などとは載ることはあるが、ノンアルコールも売っているわけだしカード会社はそこまで感知できないでしょう。カード会社が嫌がるのは多額の金券類の購入なので、そういったことは気にしなくて大丈夫。未成年と思われれば、免許証などで生年月日を確認され、販売されないことがあります。海外では50代のおっさんでも、パスポートで生年月日を確認する国もあります。

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です