局地戦闘機 日本軍で誕生した可能性のある最強の戦闘機は川

局地戦闘機 日本軍で誕生した可能性のある最強の戦闘機は川

3月 07, 21
ystscng

no comments

局地戦闘機 日本軍で誕生した可能性のある最強の戦闘機は川。でかいです。日本軍で誕生した可能性のある最強の戦闘機は川西 陣風ですかね 理由は一応は完成して実用化されたエンジンをつんで、層流翼と延長軸で細くした機首で空気抵抗はおそらく、疾風より小さい、紫電改と違い最初から、 エンジンに合わせ細身の作りで防弾装備が同じレベルで諸説ありますが、仮に武装が紫電改と同じ程度なら、技術的に完成できなくはないので、あくまでも仮定で川西は紫電改の開発や改造で設計してる余裕は無かったと言うのは無しで技術水準の問題で幻の戦闘機「陣風」。イベント。グルメ。観光スポット情報が満載です。太平洋戦争後期。旧日本
海軍が試作していた戦闘機「陣風」の写真展が11日。兵庫県加西市北条町北条
のアスティアかさい3階で始まった。陣風の開発は名戦闘機「紫電改」を製造
した川西航空機があたった。も。12日午後1時半からは。上谷さんと。川西
航空機鶉野工場の工員だった小谷裕彦さんのトークショーがある。

局地戦闘機。特に。水上機でフロートが装備されているのにもかかわらず。「零式艦上戦闘機
」よりも速くしろという要求が「強風」開発の遅延をしかし未だに「零戦」が
最強の戦闘機である日本は。一向に現れない「烈風。雷電」に苛立ちを隠せませ
んでした。結局「紫電」は昭和年/に試作機が誕生し。
その後昭和年/年月に海軍に接収されるも。多少の速度紫電改」の登場
によって凍結された「陣風」の開発再開の可能性もあったようです。紫電改は最強の局地戦闘機だったのか。第次世界大戦末期。最新鋭機を集中配備した日本海軍最後にして最強の戦闘機隊
。海軍第三四三航空隊。そこで活躍した最新鋭機が。川西航空機の局地戦闘機?
紫電改しでんかい。滑走距離が長くても問題無い水上機の方が高性能だった
こともある年代までとは異なり。陸上機でも高速性能と短距離離着陸性能の
両立が可能になっており。十五試のところ。こちらは開発が進まないので。
川西航空機が試作戦闘機「陣風じんぷう」を開発していたのです。

月刊丸。川西の菊原技師が設計した新機軸いっぱいの日本海軍初の本格的水上戦闘機「
地戦闘機「紫電」に発展し。さらに海軍最強の戦闘機「紫電改」へと進化した
集? 「第号輸送艦」攻撃CGで見る陸海軍試作&計画機⑥ 川西 試製「陣風」
月刊雑誌「丸」は古今東西を問わず幅広いジャンルを取り上げた総合雑誌です

でかいです。重いです。層流翼はあまり、使えません。カウルもサイドにエアインテ-クが有ります。誉もイマイチ?烈風に数段劣ります。wak********さんの回答にもありますが、当時の日本でエクステンションシャフトをモノに出来たか怪しいです。高い精度と剛性を要求される部品ですが、付属するプロペラを含めた精度を出すのが容易ではないです。P39はシャフトの中間にカップリングをつける事でねじれ振動問題をクリアしていますが、日本ではそこまで考えた人が見当たりません。航空先進国の欧米では前面投影面積の大きな大排気量の空冷エンジンでもカウリングの工夫で空気抵抗を減らせるのが分かっており、La-7、F4U、Fw190などは高速戦闘機として大成しています。最高速ということで言えば、飛行実績のある機体ならキ83ということになる。双発だけどね。時速688kmまでは出たらしい。さらに戦後の米軍の試験では時速762kmが出せたと言われている。一方陣風は木型審査で終わってしまってる。設計思想はいいと思うけど、当時の日本の工業水準で、プロペラの延長軸が加工できたかは疑問。雷電ではこの問題から来る振動の問題が最後まで尾を引いて、完成に至ったとは言えなくなってしまった。さらに高出力のエンジンで、プロペラ延長軸が使えるものになったかどうかは疑問が残る。期待の設計思想と計画値では最良の単発戦闘機だったろうとは思うけど。問題は、実機の生産の過程で生じるのが日本の航空機の常だからね。その意味では実機の試験飛行で高性能を発揮したキ83はすごいと思うよ。高度10000メートルで最高速度685㎞/hって当時の日本の技術レベルではかなり無茶なスペックな気がしますが???。高高度で所定の性能が出なかったり、延長軸に問題が出たりで結局モノにならなかったような気がします。身もふたもないことを言いますが、陣風が第一次木型審査を完了した1944年にアメリカはP-80の初飛行を終えてますからね???ジェットエンジンを取り付けるか、着陸時のプロペラをどうにかできれば震電が最強

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です