実録恐ろしすぎる ネットで個人を特定するのは犯罪ではない

実録恐ろしすぎる ネットで個人を特定するのは犯罪ではない

3月 06, 21
ystscng

no comments

実録恐ろしすぎる ネットで個人を特定するのは犯罪ではない。■プライバシー侵害個人情報漏洩まず、『プライバシー侵害罪』というような罪は、法律上には存在しません。ネットで個人を特定するのは犯罪ではないのですか TikTokなどで迷惑行為をした高校生とかをネタにしてYouTubeなどで配信している人達いるじゃないですか そういう配信をよく見ているのですが、 それをリスナーがその人の学校とかを特定して、配信者がその学校に電話していました 見てる側は、やばwみたいな感覚で見てしまっていますが、ふと疑問に思いました この特定する行為って犯罪にならないのですか そしてそれを普通に配信している人達も罪に問われないのですか 犯罪になるのであればその罪名も知りたいです 実録恐ろしすぎる。今回は。その顛末をもとにネット炎上において実際に個人が特定されるまでの
流れをたどりつつ。そこから得た教訓や注意点を共有させていただければと思い
ます。以下で紹介する炎上案件自体は犯罪行為ではなく。あくまで
ちょっとしたマナー違反でしたが。具体的な案件名。名前。名称などはと。
どう考えても当人の知り合いとしか思えない人物からの情報が投下されたのです

ネットで個人を特定するのは犯罪ではないのですか。いずれかを含む。ネットで個人を特定するのは犯罪ではないのですか青少年のネット非行?被害対策情報。?SNS投稿がきっかけとなる犯罪被害~インターネットトラブル事例集より~
/?ネットでゲーム障害」をご存じですか?~世界お子さん?のことで
おなやみではありませんか??相談機関インターネットを利用する際に。知って
おきたい『その時の場面集』?~インターネット初心者が。「その時」につまずか
ないように~/ などの投稿で個人が特定されるケースについて~/誹謗中傷。SNSや掲示板などでのコミュニケーションは相手の顔が見えないので。時に
激しい言葉のやりとりから誹謗中傷の応酬といったトラブルに発展することが
あります。匿名であることを隠れ蓑に。悪意ある書き込みをしたり。個人情報を
特定しようとする人もおり。こうしたトラブルは一度インターネットは。
コミュニケーションの輪を広げる便利な道具ですが。他人への中傷。無責任な
うわさ。また。場合によっては。脅迫。名誉毀損等といった犯罪になる可能性
もあります。

インターネット利用詐欺。インターネットではお互いの顔が見えないことから。相手がどんな人なのか。
信用できるのか判断するのが難しい場合が多く。注意が必要です。 便利な
インターネットインターネットオークション詐欺/個人取引のトラブル

■プライバシー侵害個人情報漏洩まず、『プライバシー侵害罪』というような罪は、法律上には存在しません。プライバシーは人権であり、人権を害する行為のことを指します。被害者がなんらかの行為を受け、「プライバシーを侵害された!」と思い、法的にそれが認められれば、『名誉棄損罪』などとして加害者側の”プライバシーを侵害した行為”に対しての罪が問われることになります。ものすごくざっくり説明しています。前置きが長くなりましたが、子どもたちのネット利用では”個人情報漏洩“が該当する可能性が高いと言えます。安易に、ネット上に他人の個人的な情報、および個人を特定できる情報を流布してしまう行為です。普段の会話の延長としてネットを利用しているという感覚で書きこんでいるというケースが多いかもしれません。情報モラル、リテラシ教育によって正しい知識を得れば、これは減少するかもしれません。 より引用犯罪としては認められづらいですね。「個人情報漏洩及び拡散」ですが、現状の法律では「裁判に持ち込む」のも、難しいですね。インターネットは「情報共有」が、基本構造なのでかなり「矛盾」します。

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です