四国旅行どこ行く 四国へ旅行に行くならどこがいいですか

四国旅行どこ行く 四国へ旅行に行くならどこがいいですか

3月 06, 21
ystscng

no comments

四国旅行どこ行く 四国へ旅行に行くならどこがいいですか。四国に行くならいい場所は香川県??栗林公園、金刀比羅宮徳島県??大歩危?小歩危、かずら橋愛媛県??松山城、道後温泉高知県??高知城、桂浜私は11月5日から7日まで四国に旅行に行きました。四国へ旅行に行くならどこがいいですか 四国絶対に外さない観光地13選。小豆島や道後温泉など見応えたっぷりの名所をはじめとした。四国のおすすめ
観光地を選に厳選しました。アクセス高松や神戸からフェリーで行ける「
小豆島」には四国の魅力的な観光地が密集しているんです。離島」という言葉
から観光地が少ないかと思われがちですが。四国を観光するなら「小豆島」は
外せません!四国の観光地はフォトジェニック?旅行好きな筆者…四国に行くなら何泊必要。迫力ある鳴門の渦潮や大歩危峡おおぼけきょうをはじめ。見どころが満載
です。徳島県内だけを観光するなら基本は泊日。過ごし方の一例をご紹介し
ます。 <日目2021最新四国地方の人気スポットランキングTOP30。このページには「四国地方」に関するまとめ記事。スポットが掲載されています
。年は『四国旅行』がアツイ!海岸で少し遊べそうですがそれ以外
することもないので遠い割に滞在時間短そうなので行くなら周辺スポットと
セットで

知られざるスポット満載。四国に行く前にチェックしておきたいオススメスポットをヶ所ご用意しました
! 四国の旅行情報 目次 ▽愛媛県の観光スポット; ▽高知県のまるごと四国を満喫。香川。徳島。愛媛。高知。それぞれ違った自然や文化。グルメなどを楽しめるの
も四国の魅力です。 本記事は。四国の四国をぐるっと周遊したい人も。四国の
どの県を旅行するのか迷っている人も参考にしてくださいね。店によって
メニューも食べ方も異なるので。香川へ行くなら食べ比べは絶対におすすめし
ます。四国の絶対おすすめの観光スポットランキングTOP5。四国を旅行するなら。ぜったい回っておいた方がいい場所はある? テスト画像
足湯」は無料ですので。ちょっと道後温泉を体験したいという人にピッタリです
。JALで行く羽田発 愛媛県へ行くツアーはこちら

2020年充実旅ができる。そんなつの県しかない島なのに。四国には魅力がたっぷり詰まっているんです。
フォトランチに堪能してみてはいかがですか?この記事では。愛媛県に行く
ならチェックしておきたい「松山タウン」の観光スポットをご紹介します。四国旅行どこ行く。大鳴門橋の真下に発生した渦潮 観潮船なら渦潮のすぐそばまで近寄れます。歓声
が上がる絶景です! 淡路島兵庫県と四国?徳島のあいだに位置する鳴門海峡
。北側の播磨灘

四国に行くならいい場所は香川県??栗林公園、金刀比羅宮徳島県??大歩危?小歩危、かずら橋愛媛県??松山城、道後温泉高知県??高知城、桂浜私は11月5日から7日まで四国に旅行に行きました。栗林公園、松山城などを観光しました。列車の車窓から眺めた大歩危?小歩危もきれいに感じました。馬路村魚梁瀬の千本山土佐清水市叶崎土佐清水市臼碆県がそこまで多いわけではないので全て回ってもいいかと。あえて選ぶなら、香川でうどん巡り。四国って面積が意外と狭いので、山間部以外であれば複数県回れるのが魅力だと思います。各県に魅力ある観光地も抱えてますので、日数に制限もあるかも知れませんが、2~3日滞在してみてもいいかも知れません。では、各県の魅力ある観光地を。香川県。うどん県なので丸亀や琴平の地場のうどんを食べてみてください。あとは金比羅宮や屋島なども良いです。丸亀城は高石垣から瀬戸内海を望むと、遠くに瀬戸大橋も望めます。あとは自由すぎる動物園で有名な「しろとり動物園」もいいです。まさに動物が放し飼い状態なので。徳島県。山間部になりますが、大歩危峡は秘境感があって素晴らしいです。祖谷あたりの集落にある民宿に泊まると、リアル日本昔話感があって思い出になります。あとは吉野川のリフティングなども迫力あって良いですね。鳴門市にある大塚美術館はレプリカを展示してますが、ここは半日~1日たっぷりと時間が過ごせるほどスケールがでかい。高知県。維新の息吹を感じる県ですね。高知市の中心には高知城や坂本龍馬の生まれた町並み、様々な資料館などが目白押しです。そこから南を目指せば桂浜があるし、坂本龍馬記念館もあります。東には室戸のジオパーク、西には四万十の清流や足摺岬など自然を感じられるスポットがたくさんあります。愛媛県。観光の中心はやはり松山市周辺になりますが、日本最古の道後温泉を中心に賑わっています。温泉街で宿泊すれば松山城がライトアップで拝めますし、地元のじゃこ天をつまみながら散策なんてのもいいかも。南へ足を伸ばせば宇和島の古い城下町や美しい海が望めます。さらにその先にある佐多岬から望む豊予海峡はまさに九州がすぐ目の前に見えます。いかがでしたでしょうか?

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です