中2化学定比例の法則酸化 中二理科 銅の質量比からの問題

中2化学定比例の法則酸化 中二理科 銅の質量比からの問題

3月 06, 21
ystscng

no comments

中2化学定比例の法則酸化 中二理科 銅の質量比からの問題。銅と酸素は。中二理科 銅の質量比からの問題です 本当にわからなくて困っているので、どうやって求めるのか、誰か丁寧に教えてください
(1)Cu 17 2グラムを加熱した 加熱後の質量が19 6グラムになったとき、CuOは何グラム生 成したか
(2)Cu 21 2グラムを加熱した 加熱後の質量が24 2グラムになったとき、反応していないCuは何グラムか
(3)Cuと砂の混合物520グラムを加熱してCuを完全に酸化させると582グラムになった 混合物中の砂は何グラムか

長文になりましたがよろしくお願います中2化学定比例の法則酸化。※本来は覚えるものでもないのですが。覚えたほうが楽です。 このように反応の
質量比が決まっているので。銅と加熱後の物質酸化銅の質量の関係を

中2理科化学変化と質量の計算のポイント。中学年理科。今日は化学変化と質量について学習します。銅やマグネシウムを
加熱する実験で。質量比を使った計算が登場します。コツを掴めば見ていき
ます。結論から言うと。化学変化に関係する物質の質量の比は一定になります。
のです。 中でも銅と酸素。マグネシウムと酸素の質量比に関する問題は頻出
ですので。しっかり見ていきましょう。ています。学習塾に通わなくても。
このサイトだけ①成績を上げる②高校に合格するということをモットーに作成し
ています。中2理科「化学変化と質量比」練習編2。トライイットの化学変化と質量比の練習の映像授業ページです。
今回の問題は。マグネシウムの質量と化合した酸素の質量の比を求めるので。
以上の結果からと求められます。すでに金属の質量はわかっています。
よって比例の関係から銅が ÷ = 倍になっているので。出来上がる
化合物も倍になっていると考えられるので求めたい中 理科化学 練習。
空欄埋め

銅と酸素は 4:1 の質量の比で化合することを知っている必要があります?1加熱後の質量増加分19.6-17.2=2.4 [g]が銅と化合した酸素の質量です?この酸素と化合した銅の質量は?2.4×4=9.6 [g]したがって? 生成した酸化銅の質量は?9.6+2.4=12 [g]21 と同じく加熱後の質量増加分24.2-21.2=3.0 [g]が銅と化合した酸素の質量です?この酸素と化合した銅の質量は?3.0×4=12 [g]したがって? 反応していない銅の質量は?21.2-12=9.2 [g]31? 2 と同じく加熱後の質量増加分582-520=62 [g]が銅と化合した酸素の質量です?この酸素と化合した銅の質量は?62×4=248 [g]したがって? 混合物中の砂の質量は?520-248=272 [g]となります? 銅と酸素の化合比さえわかっていれば? どれも似たような問題です?酸素の原子量は16、銅は65.55です。1増えた質量は19.6-17.2で2.4gですね。酸化によってCuOができているわけですから、増えた質量は酸素の質量です。なので、2.4/16molの酸素が増えた=同molのCuOが生じているというわけです。CuOの分子量は、16+65.55=81.55ですので、81.55*2.4/16=12.23が生じたCuOの質量です。21と同じようにして生じたCuOを算出すれば、あとは反応後の全体質量から引くことで、反応していないCuの質量が出ますね。計算はぜひご自分で。3これも、1と同様にして、生じたCuOの質量が出ますから、加熱後の総質料からCuOの質量を引けば、砂の質量が出ます。

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です