ストーカー規制法 警察からの要求を拒否しても要求され続け

ストーカー規制法 警察からの要求を拒否しても要求され続け

3月 06, 21
ystscng

no comments

ストーカー規制法 警察からの要求を拒否しても要求され続け。>こちらが被害者で今までなにもしてこなかったのに加害者からのたった一度の通報で詳しく調べられ挙げ句の果てにはこちらが加害者のような扱いを受けた加害者に無理な要求を突き付けてないかい。警察からの要求を拒否しても要求され続ける行為について 警察の方から電話がかかってき、こちらが被害者で今までなにもしてこなかったのに加害者からのたった一度の通報で詳しく調べられ挙げ句の果てにはこちらが加害者のような扱いを受けた

その中で、当事者でもない人間にお話を聞かせて欲しいと言われたのだが当人が嫌がっていること、そして無関係なので何故無関係の人間に聞くのか、そして関係している私にその話をしないのかということを話し、要求を断りました すると断っても何度も要求し何十分もこちらが被害状況を伝えても時々話の要求と拒否を入れるだけでしまいには強制的に「旨を伝えてください」と言い残し電話を切られました
ここで質問です 要求を拒否し続けているし、当人も嫌がっているのに要求し続ける行為は違法ではないのでしょうか

被害届は無く、刑事事件でもないので強制力はないはずなのですが警察官職務執行法。第二条 警察官は。異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの
犯罪を犯し。若しくは犯そうとしていると疑う4 警察官は。刑事訴訟に関する
法律により逮捕されている者については。その身体について凶器を所持して
いるかが及び。又は財産に重大な損害を受ける虞があつて。急を要する場合
においては。その行為を制止することができる。4 警察官は。第一項又は第二
項の規定による立入に際して。その場所の管理者又はこれに準ずる者から要求
された場合に

警察からの要求を拒否しても要求され続ける行為について。いずれかを含む。警察からの要求を拒否しても要求され続ける行為について 警職務質問に伴う被疑者の「留め置き」の適法性。要な場合以外。区別することをしない職務質問の「対象者」についても。単 に
「被疑者」。説得を続けたが。被告人はこれを拒否してその場から退去したい
旨繰り返し。 膠着状態が帰らせて欲しい旨を繰り返し要求するようになった
午前 時頃には。警察官ら は所持品検査強制採尿令状の発付を受けた。⑦
午前 時分頃。上記令状の発付を受けた警 察官が本件から退出し ようと
するのを阻止して同室内に留め置いた行為等は。任意捜査として許容さ職務質問における有形力の行使。警察官によって「挙動不審者」と評価されている者であるから,常に,市民の 「
任意」ことを考慮しても,被告人に対する任意同行を求めるための説得行為
としてはきる」という警職法の改正案が国会に上程されたが,上のような提示
要求規定をおくことは一寸振り向いただけで歩行を続け,三回目に停つたが,
同巡査等の質問に対 しについては再三の呈示要求も被告人によつて拒否され
た。

職務質問って拒否してもいいの。職務質問を拒否した場合の警察官の対応; 上記行為が認められる理由
職務質問とは。警察官が。犯罪を犯した者?犯そうとしている者?犯罪について
何か知っていると思われる者に対し警職法条項「警察官は。異常な挙動
その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し。若しくは犯警職
法の要求する不審事由がないからです。警職法条項 前二項に規定する者は。
刑事訴訟に関する法律の規定によらない限り。身柄を拘束され。又はそのストーカー規制法。ストーカー行為を処罰するなどストーカー行為について必要な規制を行う
とともに。その相手方に対する援助の措置等をで。その特定の者又はその家族
等に対して行う以下のアからクを「つきまとい等」と規定し。規制しています。
ストーカーは。交際などの要求を拒まれると。乱暴な行動をとります。
あなたが拒否しているにもかかわらず。何度もファクシミリや電子メール?
等を送信してくる。メール送信された内容をプリントして警察へ届け出る。

>こちらが被害者で今までなにもしてこなかったのに加害者からのたった一度の通報で詳しく調べられ挙げ句の果てにはこちらが加害者のような扱いを受けた加害者に無理な要求を突き付けてないかい?法外な慰謝料とか?そうなら、恐喝の加害者にされてるよ笑刑事事件かどうかは警察が判断します。何を捜査すべきかは警察が判断します。捜査に協力しなければ、それなりの理由があると勘ぐられます。それだけのことです。合法。市民は警察に協力する義務がある。拒否する権利などない。

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です