ゴーン退場1年 ゴーン逮捕についてよくわかりません ゴー

ゴーン退場1年 ゴーン逮捕についてよくわかりません ゴー

3月 06, 21
ystscng

no comments

ゴーン退場1年 ゴーン逮捕についてよくわかりません ゴー。納税の義務を逃れたことは非常に罪の重いことです。ゴーン逮捕についてよくわかりません ゴーンの罪はすごく重いのですか 実刑になりますか

どういう罪なのですか カルロス?ゴーン氏。日本に居続けることは「結末がわかり切った出来の悪い歌舞伎」 「私は日産の数
人の幹部。検事。日本政府の妻キャロルさんとの共著本『いつも一緒に 』の
内容について。また日本での逮捕から逃亡劇までの過程ゴーン氏は「フランス
政府が私を公式に見捨てたのは。日本が私を長期拘留することに
決定関係ないけど。この写真といい。主張といい。イギリスのロイヤルお
坊っちゃんのご夫婦になんだか良く似てるすごく胡散臭い顔してる「まるわかりゴーン事件」5つの疑問。大きなニュースですが複雑で難しそうでイマイチよくわからない…。学生
リポーターがまるわかりゴーン事件」つの疑問聞き手
。田嶋 あいか 去年月。東京地検特捜部が逮捕して
以降。世間を騒がせてきたゴーン事件。 特別背任がわかりません!有価
証券報告書に報酬を少なく記載した罪については。会社側も起訴されています。
報道する側としてもね。ここまで主張が対立している事件というのはすごく
難しいんです。

ゴーン被告逃亡助けた疑いの米親子。日産自動車の元会長カルロス?ゴーン被告が日本から逃亡するのを助け
たとされるアメリカ人の男性とその米マサチューセッツ州に自宅がある容疑者
親子は。昨年月にアメリカで逮捕され。同州ボストン郊外の拘置検察は親子
について。万ドル約億万円を受け取り。ゴーン被告が年月
日に日本からは外部サイトの内容に責任を負いません。ゴーン容疑者がフェルに語った“本音”とは:日経ビジネス電子版。ゴーン氏が犯した罪は重く。「世界的経営者」だからと言って決して許される
べきものではありません。ですが私は。ゴーン氏が単なる吝嗇家の守銭奴とは
とうしても思えないのです。 -の続編ゴーン退場1年。ただ。役員報酬の過少記載が罪に問われたケースは過去にない。問題とされた
報酬が未払いだったこともあり。「形式犯」での逮捕を批判する声も出た。
こうしたなか

コラム:ゴーン被告のジレンマが問う企業文化のグローバル化。ルノー?日産自動車の前会長。カルロス?ゴーン被告が日本からの逃亡時に楽器
箱に隠れながら。17世紀の英哲学者。だがホッブスの哲学に照らすなら。
ゴーン被告は身の処し方についてのジレンマから簡単に逃げられるかもしれない
。ゴーン被告は2018年に金融商品取引法違反有価証券報告書の虚偽記載
の疑いで逮捕され。その後収監された状況ある程度の自己批判は。かつての
雇い主らと抗争を繰り広げるよりも自らの印象を良くしてくれる。ゴーン逃亡で置き去りのケリー被告。カルロス?ゴーン被告が日本から逃亡して以降。共に起訴されていたグレッグ?
ケリー被告が初めてケリーは年月。ゴーンと共に逮捕されたが。後に
保釈金を支払い保釈された。ゴーンの日本脱出についてコメントすることは
控え。「カルロス?ゴーンと私の違いは。目下のところ。私はなお制度の中に
個人利用の目的で。本サービスから入手した記事。もしくは記事の一部を電子
媒体以外方法でコピーして数名に無料で配布することは構いませんが。本

納税の義務を逃れたことは非常に罪の重いことです。日本国憲法に明確に違反しています。有価証券報告書の虚偽記載。10年以下の懲役か1000万以下の罰金、または両方。簡単に言うと会社がこれだけ儲けました、こういうことに金使いましたという報告書に嘘を書いたというわけです。ただ他の方がおっしゃるようにこれには疑問が残ります。ざっくり言うと巨額な脱税で、けっこうな懲役刑もありえます。で、日産は株式上場しているので、役員報酬は公開する義務があります。その義務に反して、報酬を少なく書いていたのが有価証券報告書の虚偽記載です。これは、日産が会社として罪を問われますし、ゴーンが虚偽記載を指示していたとなれば悪質です。正直良く分からない。先ず引っ張られたのが金融商品取引法違反。日産は公開株だから株主は日産が提示する情報で投資判断を行う。この記載に誤りがあれば誤解を生み投資家の判断に影響が出るからちゃんと記載しましょうねってルールがあるんだけど、日産の純利益7500億円の内、数十億円が実は報酬でしたってなってもあんまり投資判断に影響しないんだよね。複数年で何十億って言われても単年度で割れば更に大したことないし。*因みに日産は税法上はちゃんと納税しているみたいで、企業としてもゴーン氏個人としても脱税とかはないみたいい。*税法上の数字と金融商品取引上の数字って違うから厄介なの。脱税とかで問題になるのは当然税法上の数字。で、次に問題視されているのが特別背任罪。会社のお金で私腹を肥やしちゃいけませんよってことだね。*お金に限らないけど。会社のお金で各国に別荘を買ってそこで暮らしていたって言われているけど、ゴーン氏が各国に遊び回れる時間なんて無いよ。実際には年数日利用していたとかそれぐらいじゃないかな。でも、だから何?って面があるの。例えばその不動産で、現地の人を招いてパーティとか開いていたとするでしょ。それが日産の為に行われていたとしたら、それは会社の活動の為だからゴーン氏個人の利益とは言い難い。実際、中小企業のおっちゃんでも別荘に取引先とか家族ぐるみで招いてパーティなんて日本でも普通にあるし欧米だとむっちゃ普通にやる。これで特別背任ってのはちょっと無理がある。また、その不動産、ゴーン氏が私的に使っていたとしても所有は会社なんだよ。で、日本だと不動産の値段が上がるってのは一等地ぐらいなんだけど建物の値段が下がり易いから一等地でもなかなか難しいけど、でも、海外は別にそうじゃない所も沢山ある。私的に使っていてもその不動産が値上がりとまではいかなくても値下がりしていなければそれは会社の資産運用って話で済んでしまう。別に会社に損はさせていないからね。*値上がりしていたら寧ろ会社に貢献している。持っている間の不動産はどう使おうが、そんなものは大した問題じゃない。で、今のところは良く分からないけどどうも大損はさせていないみたい。多少の損なら投資ならそういうこともあるって済んでしまうだろうし。一番アレかなって思ったのは、ゴーン氏親族に報酬が払われていたってのかな。これが身内だからって事で報酬に見合わない仕事でそれを支払っていたってなると問題にはなると思う。ただ、これもコネでボンクラ息子や娘を雇っている日本企業なんて山ほどあるからねぇ。報酬も1000万でそりゃサラリーマンからしてみたら腹立たしい額だけど、それこそ中小企業レベルで当たり前にある事だから。殆どなんもしないボンクラ親族に高い給料払うってね。こんなんで捕まるならそれこそ日本は万単位の逮捕者出るんじゃない。*個人的にはどれも実刑にはならないんじゃないと思うけどね。テレビネタだけど、日産を巡った仏中と日米の代理戦争っぽいよ。日産の技術は軍事転用可能だからフランス経由で日産の技術を中国に流すなってのがあってルノーが中国に進出していて、しかもそれを拡大したいみたい、日本もフランスがルノー主導で日産や三菱自を統合して持って行こうとしているのが経産省主導ででイラっとしてて、日産内部でも反ゴーンみたいなのがいて、まぁ、後ろ盾もあるし経営もたてなおったからそろそろフランスと手を切るかって感じになったんじゃないかなっと。*最悪、日本政府やアメリカ政府がバックについて日産かどっかに資金提供して、ルノー株買い漁ってフランス政府におたくの実質国営企業にぐちゃぐちゃ口挟まれたくなければ日産と三菱自から手を引けって迫るんじゃない。*三菱自ならかつての主三菱御三家が出てくるかもね。

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です