ウイグル問題 ウイグルは中国の植民地ですか ↓ 反抗すれ

ウイグル問題 ウイグルは中国の植民地ですか ↓ 反抗すれ

3月 07, 21
ystscng

no comments

ウイグル問題 ウイグルは中国の植民地ですか ↓ 反抗すれ。反抗すれば虐殺されて内蔵は移植用に売買されます。ウイグルは、中国の植民地ですか ↓

「反抗すれば24時間立ち続け」ウイグル収容施設の実態

11/24(土) 17:17配信

朝日新聞デジタル

「反抗すれば24時間立ち続け」ウイグル収容施設の実態

中国新疆ウイグル自治区の「再教育施設」に収容された経験を語るオムル?ベカリさん=東京都千代田区の明治大学

中国新疆ウイグル自治区で少数民族の住民らが「再教育施設」に収容されているとされる問題で、施設で拘束されていたというカザフスタン国籍の男性が23日、東京都内で講演し、「地獄のような弾圧を受けた」と経験を語った

【写真】ウイグルにある飲食店では、刃物が暴動などで使用されないよう、羊肉をさばく包丁が鎖で固定されていた

男性は、同自治区出身でウイグル人とカザフ人の両親を持つオムル?ベカリさん(42) 2006年にカザフ国籍を取得し、カザフ国内で旅行会社に勤めていたオムルさんは実家に立ち寄った昨年3月、突然拘束されたという 施設に連行され、国家分裂罪など三つの罪を認めるように迫られた カザフ国民であることを伝え、大使館や弁護士と連絡をとるよう訴えたが、拒否されたと訴えた

オムルさんによると、施設では小さな窓しかない部屋に数十人が押し込まれ、睡眠や食事のほか、排泄(はいせつ)もこの部屋でするよう命じられた

午前4時前に起床し、党の政策を学んだり、党をたたえる歌を歌ったりした 食事の時間などをはさみ、学習は日付が変わるまで続いたという 習近平(シーチンピン)国家主席や共産党への感謝を述べるよう強いられ、イスラム教を否定するような発言やイスラム教が禁じている豚肉を食べるよう命じられることもあったという

オムルさんは「反抗的な態度をとると、鎖で手足を縛られたまま壁の前で24時間立ち続けるなどの罰があった 収容者の中には衰弱して死亡する人もいた」などと語った

オムルさんはカザフ大使館の働きかけで8カ月後に解放されたが、多くの親族が拘束されたままで、父親は今年9月、施設内で死亡したという

「中国政府が主張するような教育の場所ではなく、民族浄化のための施設だ」と時折、涙を流しながら訴えた ウイグルは中国の植民地ですか。

中国。中国とイギリスの関係はこのところ。香港問題をめぐって大きく悪化している。
イギリスがかつて植民地としていた香港では昨年。民主化運動を規制する香港
国家安全維持法が導入された。グーグルの中国向け検索プロジェクトと。中国の少数民族ウイグル族の人権活動家が来日して。中国政府による人権侵害?
弾圧の実情を訴えた。というウイグル族拘束。組織代表が会見 – 朝日新聞「
反抗すれば24時間立ち続け」ウイグル収容施設の実態 – 朝日ウイグル問題。中国政府は日。中国最西部の新疆ウイグル自治区で大規模かつ残忍な警察国家
を築き上げているという証拠そして。ウイグル族やチベット族など政府に反抗
的な民族を含む約億人の少数民族に。彼らが億人に上る流出文書によると
。習氏は新疆が経済的に発展すれば過激派の問題解消につながると期待していた
前任者たち習氏が中国が偉大な国に再浮上する「中国の夢」構想を進めても。
イスラム教やキリスト教など様々な宗教を「中国化」し統制強化を

中国における近代ナショナリズムの受容とネーションの想像。その意味で辛亥革命は。間違いなく中国の近代国民国家3へのやウィグル独立
などの声である。そして。民族主義を言えば。アフリカやアジアなどの旧植民
地の独立運動のイメージがしかし仮にナショナリズムの政治的な要請を除去
すれば。それ反抗として。ナショナリズムが生み出されたことを強調している
。日本ウイグル連盟会長。こうした統治術は植民地時代に欧州列強によって用いられ。 イギリスやフランス
など_ – [朝日新聞] ?「反抗すれば時間立ち続け」ウイグル収容施設の
実態 _ どうして。日本の人権派はウイグル人には冷たいの
ですか? 名無しネトウヨが支持してるのは。こいつ↓だろ。 _ – 枝野
幸男 –

米。ポンぺオ米国務長官は19日。中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族など
イスラム教徒の少数民族に対し「ジェノサイド民族大量虐殺と犯罪」を犯
したことを認定したと表明した。

反抗すれば虐殺されて内蔵は移植用に売買されます。奴隷として、洗脳し働かせ、死ねば、身体中ばらしてうっぱらう。恐ろしい国だす。ま~そういうことだ。反中派の人々ではない。役立たずの一応、親中派の粛清だよ。日本の親中派も同じ運命だよ。覚悟できてるのか?

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です