のぼうの城 成田長親と石田三成の差はなにか比較して教えて

のぼうの城 成田長親と石田三成の差はなにか比較して教えて

3月 06, 21
ystscng

no comments

のぼうの城 成田長親と石田三成の差はなにか比較して教えて。成田長親ってのは、のぼうの城の野村萬斎のことですね。成田長親と石田三成の差はなにか比較して教えてください 成田長親。今回の主人公は成田長親。成田長親秀吉のナンバー2石田三成率いる2万
3000の兵が。わずか3700人で守る忍城へ攻めてきたのです。忍城と城
代となった泰やす季すえは長親の父ですが。開戦後まもなく死去してしまい
ます。確認の際によく指摘される項目。敵の総大将。石田光成もこの小説では自分の強烈な「美意識」に従って行動する
。ある意味とても爽やかな武将として描かれています。豊臣秀吉配下の石田光
成率いる大軍が。成田長親領民より。のぼう様と呼ばれるが守る忍城を攻め
た際のストーリー。この人物は馬にも乗れないほど不器用で武芸がまったく
できない上に。いつもへらへらして「うつけ」と思われているしかし。中心と
なるべき三成との戦いは比較的あっけなく終わってしまう。っと読んでみて
下さい!

のぼうの城。ってのは最後まで説明し辛い^^;; [ — ] 時は戦国時代。織田信長亡き後
秀吉が天下統一に邁進する頃。形勢は明らかに不利な状況の中。二万人を超す
石田三成率いる敵兵に宣戦布告した仰天の異形の武将。成田長親とは一体何者なのぼうの城。表紙が女の子の絵の本を教えてください!ほうが先に攻められそうですし。
もし小田原城に何かあれば。後北条氏の面々を迎える先を用意してそれとも
成田長親にそれに近い言い伝えなどがあったの おなか一杯です。石田三成の忍
城水攻め采配と智略 太田資顕の娘が。遠山藤九郎に嫁ぎ。のち成田長親の妻と
なる一

成田長親ってのは、のぼうの城の野村萬斎のことですね。ひとことでいえば、成田長親は「一所懸命」の領主であり、石田三成は手柄を立てて出世したい官僚だということです。この二つは、同じ武士というにはマインドが余りにも違います。もともと武士というのは、土地の領主です。たったひとつの小さな土地と、そこで暮らす農民を命懸けで守るのが、本来の「武士」です。これを「一所懸命」といいます。大河ドラマを毎年見ていれば分かりますけど、黒田官兵衛如水も、真田源次郎幸村も、井伊次郎法師直虎も、若いときに自分の小さな領地を守って悪戦苦闘する様子が描かれます。土地の農民たちとも顔見知りだったりします。領主は、彼ら領民のために戦うものです。これはウソでも綺麗事でもなく、本来の武士は「領民を守る」のが唯一絶対の戦う動機なんです。のぼう殿が、村人と一緒に田植えして泥だらけになるシーンは、あれは無駄なお遊びではありません。あの光景があってこそ、のぼう殿が「戦う」理由がたつんです。石田三成には、そういう経験がありません。彼は小領主だったことはなく、秀吉に見出されて以来、努力才覚で点数を稼ぎ、出世してきた役人です。彼の生涯目的は、点数を稼ぎ、出世して、いずれは天下の政権中枢で働くことです。「一所懸命の領主」と「点数稼ぎの役人」の、どっちが強いか、って一概には言えませんけど。土壇場でとんでもない粘りを見せられるのは、得てして「一所懸命」のマインドのほうです。で、ですね、こっからが重要です。信長に見出されて一直線に出世した豊臣秀吉というひとにも、この「一所懸命」の経験がないんです。だから武士らしいマインドがありません。この秀吉のミニ版が石田三成なんです。いっぽうの徳川家康には、あります。三河の小領主だった時代、遠江まで領有するも武田の圧力を一手に受けた時代、ずっと七転八倒して国を守ってきた経験があります。その結果、今の地位を築きました。家康は「一所懸命が分かる男」なんです。豊臣政権というものに武士たちは満足していたか。秀吉が死んだあと、三成と家康と、どっちが「オレタチの心にかなった政府を作ってくれるか」って考えたとき、武士たちの心がどちらに流れるか、ってことです。そもそも、成田長親を知ってるひとがどれだけいるの。負けた口惜しさからか、三成は内通したのは別人であることを隠して長親の主君に、あたかも長親であったかのように注進したので長親は裏切り者として放逐されたのです。卑怯千万ですよ。

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です