どこまでが『しつけ』で DVなのか普通のしつけなのか客観

どこまでが『しつけ』で DVなのか普通のしつけなのか客観

3月 07, 21
ystscng

no comments

どこまでが『しつけ』で DVなのか普通のしつけなのか客観。かなり難しいお話ですよね。DVなのか普通のしつけなのか、客観的な意見を頂きたいです

こんにちは
私は20代前半の女なのですが、私が小学生、中学生くらいの頃に母親から叩かれたり暴力を振るわれた事をたまに思い 出してはモヤモヤしています 客観的に見て健全なやり方なのかご意見いただきたいです

毎回理由は私が校則を破ったから、夏休みの課題をサボって嘘をついたからなど、私が悪いです はっきり覚えてないのですが、全部で4回以下だと思います
母親は叩いて蹴って、泣いて床に転がっている私をまた蹴ったり 1番覚えているのは、テレビのリモコンで顔を殴られて目元に数日残るアザが出来たことです

一度ケータイを学校に持って行ったのがバレて親が学校に呼び出されました 一緒に罰せられた友達の親は「仕方ないなぁ全く バレるんだったら持っていくな 」程度でした でも私の母親は酷く私に怒り、暴力を振るいました

私が思うに、母親は他人の目だけを気にしていて、私へのしつけは全て私の為ではなく母親自身のためだと思っています 私のことを思っていたら、言葉をもっと使ってくれるし、泣いてる子供の顔をまた殴ったり出来ないと思います

当時はなんとも思っていなかったのですが、大人になってたまに思い返すと胸が苦しく、事実と認めたくない気持ちになります

その数回の暴力以外、母は良い母です この出来事さえ私の心の中で整理できたら、たまに思い出して苦しくなる事もなくなります
最後まで読んでいただきありがとうございました
何かご意見があれば、お聞かせください どこまでが『しつけ』で。ご意見箱 ご相談?お問い合わせ はこちらです。今回の記事では。奈良県庁
こども家庭課の長谷川主任主事にインタビューしながら。「しつけ」と「虐待」
。子どもとの関わり方についてお伝えしたいと長谷川。子どもに食事を与え
ないとか。車の中に放置したり。身体や服を不潔なままにしたりすることです。
心配な子どもがいる」という場合は。どこに連絡すればいいんですか?保護
者も心の中では誰かに止めてもらいたい。助けてほしいと思っていることも
あります。

DV夫が暴力を振るう原因5選。をする原因ドメスティックヴァイオレンスなのかケンカなのか配偶者のを
どう対処すべき…しかも悩んでいるのは被害者側のみで相手にとっては普通の
行為として思われていることがほとんどです。また厳しいしつけなどの家庭
環境で育ってきた人は。自分の意見や主張が言えないような環境なので自己表現
の仕方が下手くそに育ってしまうなので。本来伝えたいことや思ったことが
上手く相手に伝わらない時には旦那は暴力的な行為に及ぶのです。DVドメスティック?バイオレンスに対する県民意識について。ドメスティック?バイオレンスに対する県民意識について令和年度第
回インターネットアンケート調査に向けた取組みを推進するための基礎資料
として活用することを目的に。皆様のご意見をいただきました。そのような
行為を受けたのはどなたですか。便宜上の防止について。支援体制
について及びその他に分類し。主な意見について掲載しました。なぜ
加害者がをしてしまうのか。心理的な原因への理解を深める活動。

小2息子の友人関係について。そんな些細な事でも。こどもは日々精神的な成長をしています。そもそも。
この子の親の事情は。あなた自信がきちんと確かめた事実ですか?残念ながら
お子さんのしつけや教育まで手が回らない親が多い印象です。 ご自分のお子様に
市営住宅がどういった所なのか。どういった人が住んでいるのかなど。でも
旦那さんの意見に大賛成ですね。その点。お父様はご自分が私立に通われてい
たのに子供さんには公立を選ばれ。たくましく育てたいというお考えは頭が
下がりますお坊さんが回答「夫?妻の暴力?暴言?DV」の相談92件。回答は。各僧侶の個人的な意見のため公共性を帯びたものではなく。仏教教義や
宗派見解と異なることがあります。みたいな感じで。もう少し器の広い人に
なってもらいたいのですが… 現在も。私の事は疑っていないのか。普通に接し
てくれますが。自業自得とはいえ。主人の事が怖くて仕方ないです。初め
まして。私のジェットコースター人生についてご相談させて頂きます。客観的
なご意見頂けたら幸いです。叩いたり。私はそんな旦那に辞めてと言っても
しつけだ。

虐待の連鎖殴られて育った私。一刻も早く両親の元を離れたいと。歳からは人暮らしを始めた。歳で結婚
し。人の子が生まれた。子どもに体と言葉の暴力を振るっていた頃は。夫
からのに加え。仕事や育児といった日々の大変さなどにより。「全てにおいて
問題の性質から言って。なかなか。客観的なデータを得ることは難しいのです
が。海外の研究では。虐待の連鎖の割合は。また。質問用紙で問うのか。口頭
で問うのか。という方法の違いによっても結果は異なってきます。離婚調停で子供の親権を取りたいときになすべきこと。子供の親権を取りたいときには,自分が養育すると相手が養育するよりも子供が
幸せになることを説明できなければなりません弁護士が,離婚調停で,どんな
ことを考え,どんなフレーズを使っているのかを理解した上で,弁護士を頼むか
どうかを判断するのも良いでしょうこの視点を踏まえて,さらに調停委員に
伝えるべき具体的なポイントは以下の点です。なる,と言われたことも
ありますので,意識して,できるだけ面会交流を行う方向で考えていただきたい
と思います。

かなり難しいお話ですよね。結構DVだ?虐待だという意見もあるようですが…私も母に叩かれたり殴られたりしたことはありますし、友人なんかは馬乗りになって顔にあざが出来るまで殴られたり、爪で顔を引っかかれて流血…なんてこともありました。これだけ聞くと親のしつけと称した暴力だ!と感じる人もいるでしょうけど、ハッキリ言って上記の場合はハッキリと私自身?友人の度を超した悪さのせいです。私はハッキリ言ってあまり良くはない家庭環境で育ったので、小学校高学年~中学生の、ある程度自由と行動範囲が広がった年齢で、ものすごい反抗的になってしまいました。学校に行かないのは当たり前。家にも寄り付かない?深夜に遊びに行く?校則違反?遅刻?授業妨害…今にして思うと本当に恥ずかしいような絵に描いた反抗的な学生でした。うちの母は基本的にクールであまり感情で行動しないタイプでそのせいでますます私は自分に無関心なんだと反抗心を燃やしてしまったのですが、学校から呼び出されたり、家で何かやらかした時には「話して聞かせる?叱りつける」を基本にしてたようですが…まぁ、言っても聞くようなタイプじゃなかったんですよね。なので、母の中のある一定の「言って聞かせるライン」「子供のしたことと許せるライン」を超えた時に鉄拳制裁に切り替わっていたように、今なら思います。もちろん私も子供ですからね、叩かれれば泣くしわめきます。でも、母が「ここで甘い顔を見せずにとことん叩き込まないと駄目だ」と決めた時は容赦なかったですよ。で、殴り合いに…とかね。質問者さまのご家庭がどうだったのか、お母様サイドの意見や行動を見てきたわけではないのでハッキリ肯定も否定もできませんが、私の母も私が大人になったころにはかなり穏やかな良い母でしたし、私自身も覚えている母からの暴力は人生でもほんの数回です。でも、だからこそ忘れられない思い出として記憶に残っています。当時は何とも思っていなかったのに、大人になったいまなんとなく思い出すと苦しくなるのは、今の世の中世論が「子供への虐待だ」と過剰に反応しすぎていることで質問者様の昔の記憶が「え…もしかして私も虐待されていたのか…?」と過剰反応しているからかもしれませんよ。子供のころは自分の親が何でもできて自分を守ってくれる完璧な大人のように勝手に思い込みがちですけど、実際に自分が大人になって社会を知ると案外親も全然完璧じゃなくむしろ駄目な部分や弱い部分がちゃんとある人間なんだなって理解し始めます。それによって自分の中で信じていたものが崩れて不安になっちゃうこともあるでしょう。この先質問者様がさらに年を重ねて色んな経験をすることで、さらに過去の記憶に対しての思いは変わってきますし、結婚?子育てなんかを経て初めて理解できることもたくさん増えてきますよ。今は苦しいこともあるでしょうけど、即「虐待だった」「愛情がないのでは?」と結論を急がずに、当時のご自分?当時のお母様?現在の自分?現在のお母様と色んな角度から客観的に見て考える程度でもいいと思いますよ。お母様だって人間ですから。質問者様の行いで「キレて」しまうことはあるでしょう。もちろんあざが出来るまで殴るとかリモコンで殴ることを肯定するわけでは決してありませんが、それが日常的ではなく記憶にあるのも数回程度ならば、お母様も完璧な「母」ではなく「一人の駄目な部分もある人間」なんだってことだと思って自分の中で無理やりでも昇華させないと、ご自分が辛くなっちゃいますよ。質問者さんはこれまでによく考えてきたと思うし、そのあなたのためでなく世間体を気にする母親のための暴力だったことは間違ってないと思います。まずしつけって感情的になることじゃないです。こどもが悲しい目に遭わないように守るとかそういう意味で使う言葉がしつけだと思います。例えば走った先に水たまりがあってこけてしまうのをみつける、それをとめて水たまりの近くで走ると危ないから気をつけようね?って教えてあげる。そういうのがしつけです。こどものためを思ってふるう暴力なんて一ミリも存在しません。例えば質問者さんがルールを破って怒られたそれに対して母親はむしろフォローするくらいの気持ちが大事です。ルールを破ってはいけないよ。次からは気をつけようね。っていうのが親の立場だと思います。感情的になって殴る蹴る必要なんてどこにもありません。質問者さんの解釈であってると思います。でも目には目を歯には歯をです。そういう母親にはそれ以上をいくほどあなたが身勝手になれば母親は黙ったと思います。これはわたしの経験上ですけどね。思い出してモヤモヤするのはきっと〝後悔?があるからだと思います。ああすればよかった、もっとこうできたのにっていう心理が残ってると過去に後悔してモヤモヤしてしまいます。でも過去は過去です。今更どうにもできません。モヤモヤしたくないなら、過去の自分を認めてあげるといいと思います。わたしはよく我慢した。わたしはよく耐えた。当時のわたしにはあれが精一杯だったんだ。やることはやれたって自分を認めて言い聞かせるんです。そうすることで少しは気持ちが軽くなると思います。まぁ部分部分は単なる暴力だと思うよ。単に、ウマが合わないだけなんじゃないかな?僕はあんま仲良くないから、仮に質問者さんみたいな事されてたとしても今更どうでもいいかな~。あなたの心より世間体を大事にする母親に深く傷ついたことと思います躾ではありません暴力です親子関係なので「躾」と名付けやすいだけですあなたを精神的に支配するための暴力であることは間違いありませんちょっと待てその前にいいたいことがある君が子供を持つ時に絶対親と同じことをするな虐待は伝染するからな親を恨むんじゃなくて虐待を恨むんだ同じことを絶対にしないと思えばいいと思うよ普通の躾ではありません。躾とは子どもが困らないように言い聞かせたり、時には子ども自身が困るような罰を与えるものです。今現在『良い母です』と言えるような関係であれば、今の質問者さまの疑問はお母様本人に聞くのが一番だと思います。おそらく当時のお母様は質問者さまのことは切っ掛けで自制できない何かがあって、身近にいた子どもに当たってしまったような気がしますが…。嘘をついたりするのは良くない事かと思うけど、言葉で叱るか頭を軽く叩く程度なのではないでしょうか。実際に自分の子供にはその程度ですDVなのか、普通の躾なのか。って部分では、転がっている子供に追い討ちの蹴りを入れたり、リモコンでアザができるほど殴られる。なんてのは、私は十分DVだと思いますよ。軽いPTSDでしょう。ちゃぶ台返し ってご存知ですか?日本でも、50年前ぐらいは、普通でした。それから、段々と そういう事例は少なくなり現在に至っていますが、少なくなる過程は 各家庭でそれぞれということです。茶の間から玄関まで放り出される本当に投げます。2階の踊り場から階下へ階段を蹴飛ばされて落ちてゆく。なんてこともある家庭もありました。会社で仕事ができない社員の椅子を蹴飛ばして床に転ばせるなんて普通でした。そんな日本には戻って欲しくないものです。

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です